冠婚葬祭 知識関連情報について

結婚式への出欠は、ハガキでの返事に関する知識も必要です。

冠婚葬祭での結婚式への出席については、ハガキなどを利用して、出欠の返事をする事が多くなります。
会社関係の場合には、人によってはその数なども多くなる事があり、出欠のハガキにも自動的な処理となりがちです。
基本的なマナーを知識としてもっておくと、配慮の気持ちを添えて相手にもそれが伝わります。
 ハガキの裏面には、必要事項にマルをしたり、二重線を引くなどが行われます。
こちら側への配慮となる敬称の『御』という字は、二重線で消しておく様にします。
二重線以外には、『寿』という字で消すというケースもあります。
出席にマルをして送付する事もできますが、下に『致します』などを添えて出すのも言葉に繋がる表現になります。
 ハガキの表面については、相手の名前に『行』という字が付されていますので、それを二重線で消す事が大切です。
代わりの敬称としての『様』に直す事で、大体の場合表面は完了となります。
 欠席が決まっている場合には、残念な思い、相手を配慮した事を表す一文を添えておくと、気持ちが伝わり易くなります。

Copyright(c) 冠婚葬祭 知識 All Rights Reserved.