冠婚葬祭 知識関連情報について

葬儀での装いは、黒を基本に統一するとマナー違反がなくなります

冠婚葬祭の中で葬儀については、宗教による違いなどはあっても、ある程度決まった形式で実施される場合が多くなっています。
装いについても、肌の露出を控えた黒を基調として統一すれば、大きく常識を外れる事はない内容でもあります。
 葬儀に出席する場合の装いは、男性の場合には、黒のスーツやネクタイの着用が一般的です。
会社に勤務している場合には、取引先などとの関係で、突然葬儀への出席が必要になる事もあります。
予めネクタイや数珠だけでも、会社の机の引き出しに用意しておく、といった人は多く見られます。
緊急の場合として、黒いスーツが間に合わない場合には、ダークカラーのスーツのままでの出席も可能です。
但し、一言時間がなかった点などは先方に伝えるのは、基本マナーの知識の一つになります。
 葬儀における女性の服装は、黒が一般的ですが、アクセサリーを付ける場合には、一連の真珠ネックレス程度が該当します。
真珠は悲しみの涙に通じるとされているため、許容範囲となるアクセサリーです。
金地のものは避ける事が無難になります。

Copyright(c) 冠婚葬祭 知識 All Rights Reserved.